ニュース一覧

2018/07/18
大雨の影響による配送遅延について
いつも当ストアをご利用いただき、誠にありがとうございます。

大雨の影響により、西日本を中心に一部地域でお荷物の集荷や配達に遅れが生じている、と配送業者「佐川急便」様より連絡がございました。
その他地域においても天候・道路状況にて遅延が発生する可能性がございます。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承頂きますようお願い申し上げます。


詳細や最新情報は「佐川急便」様ホームページでご確認ください。
http://www2.sagawa-exp.co.jp/information/detail/123/?_ga=2.120135311.663090624.1531879062-1607494801.1531879061
2018/07/05
『ACDSee Photo Studio for Mac 4』
<新商品のお知らせ>

カナダのACD Systems社が開発した、統合型画像管理・編集ソフト『ACDSee Photo Studio 2018』シリーズのMac版となる『ACDSee Photo Studio for Mac 4』を2018年7月12日(木)より販売致します。



---製品概要---

『ACDSee Photo Studio for Mac 4』は、画像の管理・表示、RAW現像機能を搭載。プリセットによる一括編集(プリセットのカスタマイズ可能)、450種類を超えるカメラモデルに対応、EXIFやIPTC情報の表示と編集や独自のメタデータの埋め込みといった画像の管理や編集に必要な機能が充実しています。多彩な機能と軽快な動作にシンプルな使いやすさを共存させた画像管理ソフトです。


商品のご購入はこちらからお願いいたします。
2018/06/29
『スーパーマップル・デジタル 19』
<新商品のお知らせ>

株式会社 昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)開発のパソコン用地図ソフト「スーパーマップル・デジタル」シリーズの最新版『スーパーマップル・デジタル 19』を 2018年 7月 6日(金)より販売致します。



---製品概要---

「スーパーマップル・デジタル」は豊富な情報と多彩な機能を備えたインストール型のパソコン用地図ソフトです。家電量販店やネットショップなどの実売に基づいて部門ごとのランキングを発表する「BCN AWARD 2018」では、MAP・ナビソフト部門で5年連続となる「最優秀賞」を受賞しています。 最新版の『スーパーマップル・デジタル 19』では、KMLデータファイルのインポート・エクスポートに対応しました。公的機関から公開されているKMLデータファイルを取得して、画面上に表示、保存ができます。「スーパーマップル・デジタル」で作成したデータを出力して他の地図へ展開も可能です。


商品のご購入はこちらからお願いいたします。
2018/06/07
『ACDSee Photo Studio 2018』シリーズ最新版
<新商品のお知らせ>

カナダのACD Systems社が開発した、統合型画像管理・編集ソフト『ACDSee Photo Studio』シリーズを2018年6月14日(木)より販売致します。



---製品概要---

「ACDSee Photo Studio」は、大量の写真を高速に表示・検索・管理・編集がおこなえる統合型の画像管理・編集ソフトです。フォルダのサムネイル表示をはじめ、効率的な画像管理がおこなえる「コレクション分類」、写真のメタタグと連動した「カテゴリ分類」などの機能を搭載し高速表示、写真管理が充実しています。 編集機能では調整レイヤーによる非破壊編集に対応し、画質を劣化させることなくパワフルな編集作業が行えます。簡易編集までおこなえる『ACDSee Photo Studio Standard 2018』、RAW現像が可能な『ACDSee Photo Studio Professinal 2018』、レイヤーによる非破壊編集が可能な『ACDSee Photo Studio Ultimate 2018』の3ラインナップを用意しています。


商品のご購入はこちらからお願いいたします。
2018/06/07
『PDF-XChange Standard』シリーズ 最新版
<新商品のお知らせ>

世界を代表する企業で導入され続けているTracker Software Products Ltd.(本社:カナダ・バンクーバー)のプリンタ仮想ドライバ『PDF-XChange Standard』シリーズ最新版を、 2018年 6月14日(木)より販売致します。



---製品概要---

『PDF-XChange Standard』は、Microsoft Office(Word / Excel / Power Point)、AutoCADなど、Windows OS上から印刷可能なあらゆるアプリケーションに対し、仮想プリンタとしてPDFファイルを出力できます。

Adobe Acrobatがサポートするバージョン3.0以降を1バージョン刻みで指定、または 国際標準化機構(ISO)が策定するPDF/A-1a~3uを指定可能です。

社内規定されたPDF仕様に沿ったドキュメント作成が可能です。
また、セキュリティもパスワード設定 / ドキュメント 印刷・テキスト抜き出し・フォーム追加変更 可否 / デジタル署名付加とWindows標準機能ではカバーされていない機能を搭載しています。

さらに、社内確認用 / 研究発表用 / 社外連絡用 / プレスリリース用など用途に応じ、フォーマットを作成しておけば社内共通規格PDFテンプレートを容易に作成できます。


商品のご購入はこちらからお願いいたします。
2018/05/10
openCanvas 7
<新商品のお知らせ>

株式会社ピージ―エヌ(本社:東京都千代田区、代表取締役 福田幸二 以下、ピージーエヌ)が開発し、多くのユーザーを持つペイントソフト最新版『openCanvas 7』を 2018年 5月 17日(木)より販売致します。



---製品概要---

『openCanvas』はイラスト初心者から上級者まで幅広く対応できるWindows専用のペイントソフトです。アナログで描いたような描き味のペン、シンプルで分かりやすいインターフェイス、イラスト制作に関わる基本性能の高さに加え、描画手順を記録 / 再生する『openCanvas』独自の「イベント機能」を搭載。制作作業の手順やブラシの各種パラメーター設定をデスクトップ上で再現することが可能です。この機能により、作業を行った任意の箇所まで戻して描き足すことや設定変更をして異なるテイストの作品を創作することができます。
複数の人が『openCanvas』を使用できる環境を有していればファイルの受け渡しを行い、完成した作品を別のクリエイターにリメイクさせる、作業中のファイルを過去に遡って修正してもらうなど様々な利用方法を提供します。


商品のご購入はこちらからお願いいたします。
2018/04/23
『PDF-XChange Editor』シリーズ 最新版
<新商品のお知らせ>

世界を代表する企業で導入され続けているTracker Software Products Ltd.(本社:カナダ・バンクーバー)のPDF総合ソフト『PDF-XChange Editor』シリーズ最新版を、 2018年 4月25日(水)より販売致します。



---製品概要---

『PDF-XChange Editor』は、PDFに求められる編集・校閲・表示(ビューアー)・セキュリティーを全て搭載しています。更に画面構成(UIレイアウト)をカスタマイズし、作業プロセスを最適化できます。また 複数のユーザー間で安全に、確実にやりとりを行えるようデジタル署名、40/128bit RC4 および 128/256bit AES暗号化、Adobeの規定するPDFフォーマットに準拠したファイルの入出力に対応しています。


商品のご購入はこちらからお願いいたします。
2017/12/08
再ダウンロード制限の変更について(2017年12月14日10時より実施予定)
いつも当ストアをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2017年12月14日 AM10:00ご購入分より、ダウンロード商品に関する「再ダウンロード制限」につきまして、下記の通り変更を行います。

<変更前>
ジャングル商品の場合:ご購入日から1年以内かつ3回まで
他社製品の場合:販売期間内かつ1回まで

<変更後>
ジャングル商品・他社製品に関わらず、ご購入日から30日以内であれば何度でもダウンロード可能

またこの変更に伴い、「ダウンロード拡張オプション」(税込680円)の販売を開始いたします。
本オプションをご購入頂きますと、ご購入日から 1年間、ソフトウェアを無制限に再ダウンロードすることが可能になります。

※ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
2017/10/26
「G DATA」シリーズのWindows 10 Fall Creators Update 対応につきまして
「G DATA」シリーズに、2017年10月18日(水)からWindows 10で利用可能なアップデータ Fall Creators Update(以下、RS3)を適用することで、一部動作が不安定になる現象が確認されております。

詳細等、につきまして以下のページにて情報を公開しておりますのでご確認をお願いいたします。

>> 「G DATA」シリーズ Windows 10 Fall Creators Update 対応状況について
2016/01/28
『完全抹消16』シリーズ
<新商品のお知らせ>

Windows からの実行時にも OS(Windows)含めハードディスク内のデータをまるごと抹消可能な 『完全ハードディスク抹消16』、日常の使用で蓄積される個人情報や、HDD の空き領域に残されたデータを抹消可能な『完全ファイル抹消16』、「完全ハードディスク抹消16」と「完全ファイル抹消16」をセットにした『完全抹消16情報漏えい対策パック』を 2016年 2月4日(木)より販売致します。



---製品概要---

パソコンは企業情報・個人情報の宝庫。ごみ箱を空にしてもデータは消去されていません。データを消したと思っていても、データ復元ソフトなどを使用することで簡単に復元することが可能です。
使用済みパソコンの廃棄処分やリサイクルで手放す際、万が一の盗難・紛失の場合でも、その情報漏えいのリスク管理は個人・企業を問わずパソコン使用者の自己責任となっています。「完全抹消16」シリーズを使用すれば、ごみ箱から消去した場合とは異なり、データの復元は不可能なので、パソコンの処分・再利用時はもちろん、日常から「見せたくない」「見られては困る」データを抹消し、確実なリスク管理を行うことが可能です。

マイナンバーの消去については、個人情報保護委員会作成の『特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)』にて以下のような削除方法が例示されています。

“特定個人情報等が記録された機器及び電子媒体等を廃棄する場合、専用のデータ削除ソフトウェアの利用又は物理的な破壊等により、復元不可能な手段を採用する。”

『完全抹消16』シリーズは各製品ともに、【専用のデータ削除ソフトウェア】に該当し、マイナンバーを安全に消去することができます。


商品のご購入はこちらからお願いいたします。