LB アクセスログ2 [ダウンロード]
  • LB アクセスログ2 [ダウンロード]

LB アクセスログ2 [ダウンロード]

専用サーバ不要、インストールするだけでPCの操作をシッカリ記録!

ダウンロード

希望小売価格 6,048円(税込)
特別価格 6,040円(税込)

加算ポイント:302 ポイント
ポイント:利用可能

数量(半角数字):   

PCの操作に関する様々なログを簡単、確実に記録できるユーティリティソフト。収集したログファイルを暗号化して保存したり、ネットワーク上のサーバーに自動的に転送したりすることも可能。

【製品特徴】
■PCのあらゆる操作状況を記録
 PCの操作にともなう様々なログを記録することができます。記録するログの種類は、任意に選択でき、必要なログのみを取得することができます。
・ログファイルの暗号化と自動転送
 ログファイルは暗号化して保存することもできます。また、自動転送機能を使用し、ネットワークドライブへバックアップしたり、外出先で利用したPCのログをネットワーク再接続後に転送したりすることもできます。
・リアルタイムモニタ
 記録されているログの内容をリアルタイムに表示することができます。
・CSV形式による保存を選択可能
 2次加工や検索に便利なCSV形式でログを保存できます。
・フィルタ機能
 記録不要なファイルアクセスや項目を除外したり、必要なフォルダへのアクセスのみ記録したりすることができます。
・改ざん防止
 記録中のログファイルは、削除や変更ができないように保護されます。
・ユーザ単位のログ管理
 ログファイルは、Windowsのユーザごとに生成されます。
Windows 7対応(32/64ビット)


『LB アクセスログ2』はこんなとき便利!
(一例です。この他にも、さまざまな用途で利用されています。)
●自分がいない間に誰かがPCを操作したかどうか知りたい。
 『LB アクセスログ2』はWindows上のあらゆる操作をログファイルとして記録します。

● 勝手にUSBメモリーにファイルをコピーして持ち出した人がいないかチェックしたい。
 「ファイル操作」と「ハードウェアの追加と削除」から何時、どのUSBメモリーでどのファイルを持ち出したかチェック することができます。

●特定のドキュメントの印刷記録を調べたい。
 「印刷」ログで印刷されたファイル、プリンタ、ページ数を記録することができます。

●特定のファイルにアクセスしているプログラムがあるかどうか確認したい。
 「ファイルアクセス」ログにより、あるプロセスがどのファイルにアクセスしたかを全てログファイルに記録されます。

●特定ユーザアカウントについてのログを調べたい。
 ログはWindowsのユーザ毎に別々に管理されています。ファイルが分かれていますので、ユーザごとの記録を 簡単に調べることができます。

●ログを別のPCに保存したい。
 『LB アクセスログ2』では、ログファイルの保存先を任意に指定することが可能です。
 ネットワーク上の共有フォルダを指定すると、ログファイルは自動的に指定場所に保存されます。


■動作環境

【動作環境】
■対応機種: PC/AT互換機(Macintoshでは動作しません)
■対応OS: 日本語Windows 7/Vista(32ビット、64ビット)、Windows XP(32ビット)
■CPU: Pentium 300MHzインテル互換CPU(Vista/7の場合は1GHz以上)
■メモリ: 512MB以上(Vista/7の場合は1GB以上)
■ハードディスク容量: 20MB以上
※ログ保存用のディスクスペースが別途必要です
■その他: CD-ROMドライブ(インストール時)

●ライセンスに関する注意事項
本製品は1台のPCにインストールして使用することができます。
本製品を複数台のPCにインストールして使用する場合、別途ライセンスを必要数分購入する必要があります。

●製品に関する注意事項
他社製ログ収集ツール、資産管理ツール、弊社製品USB HardLockerシリーズと本ソフトウェアを併用することはできません。
本製品にはキー入力の全てを記録する機能があります。パスワード等を入力する可能性がある場合、「キーボード」ログ設定の内容を十分確認してから運用していただくようご注意ください。
コンピュータの動作を監視するツール(ウイルス対策ツールのリアルタイム監視機能等)やOSのシステムプロセス等をログの記録対象にすると、それらのツールがユーザの操作とは無関係にファイルへのアクセスをするため、システムに負荷がかかると同時にログのサイズが肥大化します。フィルタの設定を使用して、これらのプロセスやファイルアクセスをログの記録対象から外しておくことをお勧めします。
記録中のログファイルはロックされており、編集したり削除したりすることはできませんが、記録終了後のログファイルについては編集、削除が可能です。ログファイルへの不正アクセスを防ぐために、暗号化オプションを選択することをお勧めします。
本ソフトウェアを使用して不正に情報を収集し利用することは処罰の対象となる可能性があります。運用方法を十分注意の上ご使用ください。
本製品では、ユーティリティ、リアルタイムモニタの起動の保護、およびログの暗号化にパスワードを使用しますが、パスワードはユーザ様の自己責任で厳重に管理してください。パスワードの紛失に関するサポートは一切ご提供できません。