Diskeeper 16J(3ライセンス) [ダウンロード]
  • Diskeeper 16J(3ライセンス) [ダウンロード]

Diskeeper 16J(3ライセンス) [ダウンロード]

ストレージデバイス I/O 全自動最適化ツール。インストールするだけであとはおまかせ。お使いの Windows を常に快適な環境に保ちます。

NEW ダウンロード

希望小売価格 6,696円(税込)
特別価格 6,480円(税込)

加算ポイント:324 ポイント
ポイント:利用可能

数量(半角数字):   

全自動 SSD&HDD I/O最適化ツール「Diskeeper 16J」

Diskeeper 16J(3ライセンス)

Diskeeper 16J(3ライセンス) は、個人でご利用のパソコンを高速化したい方におすすめのエディションです。
他のエディションでは1つのライセンスキーで1台ご利用いただけますが、本製品は1つのライセンスキーで3台までインストール可能なため、コストパフォーマンスに優れています。

また、Diskeeper 16J は、クライアントPC向けエディション最上位の Professional エディションとほぼ同等の機能を有しており(比較表をご参照ください)、ストレージデバイスのムダな I/O を削減し、すべてのノートPC・デスクトップPCで要求される高パフォーマンス・効率アップを実現します。

あなたのパソコンの本当の性能を体感してください

こんなあなたにオススメ!

  • 家族で使っているパソコンが3台ある
  • パソコンに最高のトータルパフォーマンスを発揮させたい
  • HDD / SSD のパフォーマンスアップはお任せにして、本来の作業/趣味に没頭したい
  • なるべくコストを抑えて本物のパフォーマンスソフトウェアを使いたい

ひとつでも該当する方は、Diskeeper 16J(3ライセンス)がオススメです!

Diskeeper 16J(3ライセンス) を使うメリット

Diskeeper 16J(3ライセンス) は、

  1. 新機能の、頻繁にアクセスするファイルをメモリにキャッシュして高速化する「IntelliMemory (インテリメモリ)キャッシング テクノロジー」
  2. パワーアップした、断片化防止機能「IntelliWrite (インテリライト)テクノロジー」と断片化を即座に解消する「Instant Defrag (インスタントデフラグ)テクノロジー」
  3. 進化した、作業を邪魔することなく最適化のタイミングを図る司令塔「InvisiTasking(インビジタスキング)テクノロジー」

などなど、SSD や HDD への読み込み/書き込み回数を削減するための特許技術が多く盛り込まれています。

これらの独自テクノロジーにより、ムダな I/O を削減し、すべてのアプリケーションとシステムのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、あなたのパソコンを新品の頃と同等かそれ以上の快適な環境に蘇らせ、その寿命を延ばすことが可能です。<

>> Diskeeper 16J(3ライセンス)の主要な効果をすべて見る

メリット・ハイライト

【新機能】IntelliMemory (インテリメモリ)

データ読み込み時、頻繁にアクセスされるファイルをアイドル状態のメモリを活用してインテリジェントにキャッシュします。これによりストレージデバイスへの I/O オーバーヘッドが削減され、ハードウェアのパフォーマンスをより引き出し、寿命を延ばすことができます。Diskeeper は利用可能なメモリだけを自動的に使用するため、キャッシュの割合を設定する必要はありません。(「Diskeeper 16(3ライセンス)」では最大2GB制限あり。詳しくはエディション別 搭載機能比較をご覧ください。)

【機能強化】IntelliWrite (インテリライト)

データ書き込み時、HDD で断片化が発生したりSSD に分割された低パフォーマンスな状態のデータが書き込まれてしまう問題を、そもそも起こさないように防止する機能がさらにパワーアップ。より多くのデータを連続的にまとめて書き込めるようになりました。
→空き領域の統合エンジン の効果によって最大効率化されます

【機能強化】Instant Defrag (インスタントデフラグ)

IntelliWrite を介さず書き込まれたり、もともと存在していた極度に分割された断片化を、効率良く即座に解消するテクノロジーです。前作からさらに柔軟に動作出来るようになりました。これは、空き領域の統合エンジンの性能向上をも意味します。

【機能強化】InvisiTasking (インビジタスキング)

他の処理に影響を与えず I/O 最適化を行うための「Diskeeperの頭脳」である InvisiTasking がパワーアップ。より少ないリソースで Windows システムとやりとりが可能になりました。さらに賢くリソースを監視し、コンピューターの負荷を軽減させながら環境を高速化します。

【機能強化】現在の状況が分かりやすくなった、インターフェース

どれだけの I/O を削減したのか、防止した断片化はどのくらいか、データキャッシングでメモリをどれだけ活用したのかなどが分かりやすくまとめられたニューデザインに生まれ変わりました。

HyperFast(ハイパーファスト)

もしあなたの PC に搭載されているストレージデバイスが HDD ではなく SSD であってもご安心を。SSD専用に設計された最適化エンジン「HyperFast」が、分割された低パフォーマンスな状態のデータが書き込まれないよう、空き領域を最適な状態に保ちます。

【機能強化】高効率モード

高効率モードでは、デフラグ/最適化が必要なファイル・フォルダー・空き領域を、Diskeeper が合理的に決定します。このため、ディスク I/O と CPU 時間、消費電力を最小限に抑えながら、最大の効率で最適なパフォーマンスを得ることができます。
これには、ハードウェアの消費電力と物理的な摩耗を抑え、ROI (投資コスト回収)を加速させる効果があります。断片化と低パフォーマンスなデータが作業・業務に与える悪影響を最小化し、投資したコストを最大限に活用できます。

【機能強化】現在の状況が分かりやすくなった、インターフェース

どれだけの I/O を削減したのか、防止した断片化はどのくらいか、データキャッシングでメモリをどれだけ活用したのかなどが分かりやすくまとめられたニューデザインに生まれ変わりました。

動作環境

対応OS

    Diskeeper 16J
Windows 10 全エディション ○
Windows 8.1 全エディション ○
Windows 8 全エディション ○
Windows 7 全エディション ○
  • x86 (32ビット) / x64 (64ビット) の両方に対応
  • x86 / x64 プラットフォームの互換 CPU を含む
  • Windows x64 にネイティブ対応

その他ソフトウェア環境

  • Microsoft .NET Framework 4.0 以降
    製品のインストールの際、.NET Framework 4.0がインストールされていない環境の場合、自動的にダウンロードおよびインストールが行われます。

ハードウェア環境

  • 対応 Windows オペレーティングシステムが正常動作するハードウェア環境が必要です。
  • インストール先ボリュームの空き容量 : 250MB 以上
  • IntelliMemoryを実行するには、搭載メモリが3GB以上・アイドル状態の空きメモリが1.5GB以上必須です。
    (本エディションでは使用されるメモリが最大2GBまでの制限付)
  • IntelliWriteを実行するには、2GB以上の空き容量が必須です。
  • USB接続の外付けドライブには対応しておりません。

ネットワーク接続

  • インストール時にインターネットへのネットワーク接続が必要です。
  • アクティベーション(ライセンス認証)のために、インターネットへのネットワーク接続が必要です。
  • インストール先コンピューターがインターネットに接続されていない場合は、インターネットに接続された別のコンピューターを使用して手動認証をおこなう必要があります。
  • ファイアウォールを使用している場合、Diskeeper サービス(DkService.exe: Diskeeper Disk Optimization Service)の通信許可が必要です。

最大ボリューム(パーティション)サイズ

  • 無制限

サポートするディスク

  • HDD
  • SSD
  • 各種 RAID ディスク(ハードウェア/ソフトウェア)

サポートするディスク・サブシステム

  • プライマリーパーティション
  • 拡張パーティション
  • 論理ドライブ
  • ボリュームセット
  • RAID ディスクアレイ(ハードウェア/ソフトウェア)
  • ミラーディスク
  • マウントされたボリューム(ドライブ文字の無いボリューム)

サポートするファイルシステム

  • NTFS
  • FAT16 / FAT32