PFU ScanSnap iX500(FI-IX500A) [スキャナー] PFU ScanSnap iX500(FI-IX500A) [スキャナー]
  • PFU ScanSnap iX500(FI-IX500A) [スキャナー]
  • PFU ScanSnap iX500(FI-IX500A) [スキャナー]

PFU ScanSnap iX500(FI-IX500A) [スキャナー]

書類、名刺、はがきなど各種ドキュメントを高速で、高品質なデータファイルとしてスキャンする富士通PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap」のフラッグシップモデルです。新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載し、ストレスを感じることなく書類を電子化できます。
<<メーカー直送品>>

送料無料

希望小売価格 51,840円(税込)
特別価格 42,800円(税込)

加算ポイント:2140 ポイント
ポイント:利用可能

数量(半角数字):   

<<メーカー直送品>>
・メーカー直送品は、お支払方法として代金引換をご指定いただけません。
・お届けには、3~5営業日程度お時間をいただきます。
・メーカー在庫の終了、又完売等により、ご注文のお取り消しをさせて頂く場合がございます。
・離島および一部の山間部ではお届けできない場合や別途送料がかかる場合がありますので、ご注文前にお問い合わせください。
・商品手配の性質上、ご注文のキャンセルおよび商品の返品はお承りできません。
・商品のお届けを行う際、当社の「納品書」は、お送りしておりません。

PFU ScanSnap iX500(FI-IX500A) [スキャナー]

製品の特長

紙に支配されていませんか?

今日、「情報を制するものがビジネスを制する」といわれています。 そして、各企業では「情報を制する」、すなわち「情報を有効に活用する」ためIT化を推進していますが、 残念ながらあふれかえる情報(書類)に埋もれているのが実情のようです。

あふれた書類を整理できない! → あふれた紙の情報を整理できない!
あふれた書類を活用できない! → あふれた紙の情報を活用できない!

集めた、集まってきた情報は、すべてあなたの財産です!
「ScanSnap」は企業の抱えるさまざまなIT化の課題を解消し、ビジネスにおける情報(書類)をより有効に活用・管理するための必須アイテムなのです。

ScanSnapで、"アナログ" から "デジタル" へ

富士通では、2001年からワンプッシュで書類を電子化し、紙の情報をIT化に対応させるパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」を発売しています。「ScanSnap」は、コンパクトなボディでありながら、毎分20枚・40面の高速読み取り(S1500/S1500M)で、書類の両面をカラーで一度に読み取ることができます。 読み取った書類は、情報として活用しやすいPDF(ポータブルドキュメントフォーマット)形式で保存されます。

ScanSnap iX500 イントロダクション動画

ScanSnapiX500 機能編 2分20秒の動画をご紹介します。

新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載

新開発のデュアルコアCPUを搭載した「GI」プロセッサーを搭載。スキャナ本体での画像処理実現と共に最新インターフェースに対応。スマートフォン/タブレット、パソコンいずれでも、ストレスを感じることなく書類を電子化できます。

  • 画像処理機能(自動化機能、イメージデータ出力)
  • Wi-Fi対応(WPS; Wi-Fi Protected Setup/対応無線LAN; IEEE802.11b/g/n)
  • USB3.0対応

※ スマートフォン/タブレット連携については、モバイル機器で直接読み取る場合とパソコン経由で読み取る場合では機能に差異があります。 詳しくは、「機能比較」をご覧ください。


コンピュータ、モバイル機器とWi-Fi接続

コンピュータ、モバイル機器からWi-Fi接続でiX500をご利用いただけます。

ScanSnap Connect Applicationダウンロード

複数のコンピュータやモバイル機器から、Wi-Fiを使用してイメージデータを受信できるアプリケーションです。


毎分25枚・50面の高速読み取り

従来製品に比べ、読み取り速度が25%向上しました。(カラー300dpi読み取り時)

安定した給紙を実現

世界トップシェアの業務用イメージスキャナの給紙技術を継承し、ブレーキローラーによる原稿分離方式を採用しました。


本体デザインを一新

ブラックを基調としたスマートかつ洗練されたデザインに一新しました。

クイックメニューで分かりやすい操作性

「お気に入り」機能と「おすすめ」機能搭載により、すばやく目的のアイコンを選択することができます。


検索可能なPDFの高速生成

原稿読み取りとOCRの並列処理により、検索可能なPDFを生成する時間が大幅に短縮されました。

仕様

主な仕様 Windows® Mac OS
品名/型名 ScanSnap iX500/FI-IX500A
読取方式 自動給紙方式(ADF)、両面同時読み取り
読取モード 片面/両面、カラー/グレー/白黒/自動(カラー、グレー、白黒(注1)の自動識別)
光学系 / イメージセンサー セルフォックレンズ等倍光学系/カラーCIS×2(表面×1、裏面×1)
光源 RGB3色LED
光学解像度 600dpi
読取速度
(A4縦)
(注2)
自動解像度モード(注3) 両面・片面 25枚/分
ノーマル カラー/グレー150dpi、白黒300dpi相当 : 両面・片面 25枚/分
ファイン カラー/グレー200dpi、白黒400dpi相当 : 両面・片面 25枚/分
スーパーファイン カラー/グレー300dpi、白黒600dpi相当 : 両面・片面 25枚/分
エクセレント カラー/グレー600dpi、白黒1200dpi相当 : 両面・片面 7枚/分(注1)
読取範囲 標準モード サイズ自動検出、A4、A5、A6、B5、B6、はがき、名刺、レター、リーガル、カスタムサイズ(最大: 216mm×360mm、最小: 50.8mm×50.8mm)(注1)
A3キャリアシート使用時 上記読取範囲(リーガル除く)に加え、A3、B4、11インチ×17インチ、写真(E版、L版、LL版)
※e-スキャンモード(Windows®のみ)で読み取った原稿は、常に220mm×306mmで出力します。読み取れる原稿サイズは210mm×280mmまでです。また、見開き画像は作成できません。(注1)
長尺読取(注4) 可(863mmまで)(注1)(注5)
原稿の厚さ 40g/m²~209g/m²(34.4kg/連~180kg/連)(A8以下は、127g/m²~209g/m²(110kg/連~180kg/連))
プラスチックカード(厚み: 0.76mm以下(エンボス付き可) (ISO7810 ID-1タイプ準拠)) 単送横送り
原稿搭載枚数(注6) 最大50枚(A4:80g/m²)
インターフェース USB USB3.0(注7)/USB2.0/USB1.1(コネクタ:B Type)
Wi-Fi IEEE802.11b / g / n 準拠
Wi-Fi搭載端末との接続方法 アクセスポイント接続モード
電圧・電圧範囲 AC100V±10%
消費電力 動作時:20W以下
スリープ時:1.6W以下(USB接続時(Wi-Fiスイッチオフ時))、2.5W以下(Wi-Fi接続時)
動作環境 温度:5℃~35℃、湿度:20%~80%
外形寸法 幅×奥行×高さ(注8) 292mm(幅)×159mm(奥行き)×168mm(高さ)
質量 3kg
環境対応 グリーン購入法、国際エネルギースタープログラム、RoHS指令準拠
マルチフィード検出 重なり検出(超音波センサー)/長さ検出
ドライバ(注9) 独自(TWAIN、ISIS™インターフェース非対応) 独自(TWAINインタフェース非対応)
ソフトウェア(注10) ドライバ(ScanSnap Manager)
PDF・JPEGファイル
整理・閲覧ソフト(ScanSnap Organizer)

名刺管理ソフト(CardMinder)
PDF編集ソフト(Nuance® Power PDF Standard / Nuance® PDF Converter for Mac)
OCRソフト(ABBYY FineReader for ScanSnap™)
ECM連携ソフト(Scan to Microsoft SharePoint)
(注1)
ScanSnap Connect Application利用時は未サポート。
(注2)
読取速度はハードウェアの最大速度であり、実際の読取時間にはデータの転送時間等ソフトウェアの処理時間が付加されます。
(注3)
原稿の長さが約148mm以下の場合は、カラー/グレー300dpi、白黒600dpi相当に設定、原稿の長さが約148mmよりも長い場合は、カラー/グレー200dpi、白黒400dpi相当に設定。
(注4)
送り方向にA4サイズより長い原稿を1枚ずつ読み取ることができます(iX100は複数枚可能)。長尺読取は、カラー/グレー300dpi、白黒600dpi相当まで使用可能。
(注5)
e-スキャンモードが設定されている場合は長尺読取は動作しません。
(注6)
最大枚数は原稿の厚さによって変わります。
(注7)
一部のコンピュータにおいて、USB3.0対応のポートにiX500を接続した場合に認識しないことがあります。 その場合は、USB2.0のポートに接続してください。
(注8)
本体の寸法。スタッカー等突起物を除きます。
(注9)
ワンプッシュの簡単操作で画像ファイル(PDF、JPEGまたは検索可能なPDF)が作成できます。 この機能は「ScanSnap Manager」で実現されています。
(注10)
製品のダウンロードまたはアップデートを適用するには、インターネットに接続できる環境が必要です。 ご利用に際してはインターネットに接続して最新版を適用することを推奨します。

動作環境

動作環境(Windows®)

対応OS Windows® 10
日本語版
32/64bit対応
Windows® 8/8.1
日本語版
32/64bit対応
(注1)
Windows® 7
日本語版
32/64bit対応
Windows
Vista®
日本語版
32/64bit対応
(SP2以降)
Windows® XP
日本語版
32bit対応
(SP3以降)
(注2)
ソフトウェア(注3) ScanSnap Manager V6.5
ScanSnap Organizer V5.6
CardMinder™ V5.3
ABBYY FineReader for ScanSnap™ 5.0
Scan to Microsoft® SharePoint
Nuance® Power PDF Standard
コンピュータ
(注4)
CPU (注5) Intel® Core™2 Duo 2.2GHz以上
(推奨環境:Intel® Core™i5 2.5GHz以上)
メモリ容量 (注5) 32bit:1GB以上(推奨環境:4GB以上)
64bit:2GB以上(推奨環境:4GB以上)
ディスプレイ 解像度1,024ピクセルかける768ピクセル以上 解像度800ピクセルかける600ピクセル以上
ディスク容量 上記ソフトウェアのインストールのために3,390MB以上の空き容量が必要 (注6)
DVDドライブ インストール時に必要 (注7)
USBポート (注5) USB3.0 (注8) / USB2.0 / USB1.1

動作環境(Mac OS)

対応OS macOS Sierra
v10.12.1
OS X
El Capitan
v10.11
OS X Yosemite
v10.10
OS X Mavericks
v10.9
OS X Mountain Lion
v10.8
Mac OS X Lion
v10.7
Mac OS X Snow Leopard
v10.6
ソフトウェア(注3) ScanSnap Manager V6.3
CardMinder V5.3
ScanSnap Organizer V1.2
ABBYY FineReader for ScanSnap™ 5.0 (注9)
Nuance® PDF Converter for Mac (注9) (注9)
コンピュータ
(注4)
CPU (注5) Intel® Core™ 2 Duo 2.4GHz 以上
(推奨環境:Intel® Core™ i5 2.5GHz以上)
メモリ容量 (注5) 2GB以上(推奨環境:4GB以上)
ディスプレイ 解像度1,024ピクセル×768ピクセル以上
ディスク容量 上記ソフトウェアのインストールのために1,940MB以上の空き容量が必要
DVDドライブ インストール時に必要 (注7)
USBポート (注5)) USB3.0 (注8) / USB2.0 / USB1.1
(注1)
デスクトップアプリケーションとして動作します。
(注2)
Windows® XP Professional またはHome Edition日本語版でご使用いただけます。
(注3)
製品のダウンロードまたはアップデートを適用するには、インターネットに接続できる環境が必要です。 ご利用に際しては インターネットに接続して最新版を適用することを推奨します。
(注4)
動作環境を満たしていないと、ScanSnapが動作しないことがあります。
(注5)
推奨に満たないCPU、メモリ容量やUSB1.1環境の場合は、読み取り速度が低下します。
(注6)
.NET Framework 3.0 がインストールされていない環境に、「ScanSnap Manager」・「ScanSnap Organizer」または 「CardMinder」をインストールすると、 .NET Framework 3.5 SP1(最大500MBの空き容量が必要)が同時にインストールされます。
(注7)
DVDドライブが装備されていないコンピュータの場合は、ScanSnapホームページ内の「ドライバダウンロード」をご覧ください。
(注8)
一部のコンピュータにおいて、USB3.0対応のポートにiX500を接続した場合に認識しないことがあります。 その場合は、USB2.0のポートに接続してください。
(注9)
対応状況については、各社へお問い合わせください。

* OSを含む各社ソフトウェアのサポート期間、サポートポリシーの変更により、動作環境も変更になる場合があります。